犬の逆くしゃみ
小型犬や短頭種に多くみられる症状で、突然、目をむいて、「ブーブー」と大きな音を鳴らして反り返るような姿勢で息を、鼻から吸い込み続けます。数十秒ほどで治まると、何事もなかったように元気にしています。
初めて見る飼い主様は何かの発作か、または、短頭種に多いといわれる「軟口蓋過長症」を心配されるかと思います。
「軟口蓋」とは、口内の天井部から後方に伸びた部位で、物を飲み込む際には閉じ、呼吸する時には、気管に正しく空気が入るようにしてくれます。短頭種の犬は、この、軟口蓋が伸びすぎて、呼吸が阻害されることがあり、いびきや鼻を鳴らすなどの症状が出たりします。
この症状が「逆くしゃみ」とよく似ているようで、心配される飼い主様もおられるかと思います。
「軟口蓋過長症」の場合は、食べ物を飲み込めなくなったり、口を開けて呼吸をしたり、激しい運動をすることで意識を失うことすらあるとのことです。(このようは場合はすぐ病院へ)
一方、「逆くしゃみ」の症状は、頻繁に起こることもありますが、長時間続く事はないとの事。
正しい原因は不明ですが、例えば、飼い主様が家へ帰ってこられた時など、興奮した時に症状が出たりすることがあります。
特に治療の必要はなく、症状が出た時に、喉の辺りをマッサージしてあげると症状がやわらぐこともあるそうです。たいていの犬は、数秒から1分前後の症状の後は、元気にしています001.gif
ちなみに、私の愛犬も時々この症状を起こしますが、やはり、数秒たつと治まり、何事もなかったようにケロっとしています。001.gif
もし、このような症状を出す子をおもちの飼い主様、「逆くしゃみ」というものもあると知っておられれば、慌てずに様子を見る事が出来るのではないでしょうか016.gif
e0147508_13285284.jpg

[PR]
by dogad | 2008-05-17 13:35 | 犬の情報!お知らせ!
<< 犬のフィラリア症(犬糸状虫症)... 犬と紫外線 >>



ayumi☆のワンチャンとお客様との交流!
by dogad
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
DOG-FREE
DOG-FREEのHP☆



 ■ブルドッグの子犬たちです。ムチムチしていてとてもかわいいです♪子犬の様子は動画で配信中です!

+プロフィール
-----------------


ニックネーム:あゆちゃん

性別:女性

誕生日:19--年10月9日
血液型:B型
出身地:秋田県
趣味:読書・映画鑑賞(必ず映画館で!)
リラックス法:!愛犬との昼寝・ゆっくりお風呂につかる事
■みんなへの一言!
楽しんで生きよう 楽に生きよう



オーナーの日常ダイアリー☆


カテゴリ
全体
犬の情報!お知らせ!
犬と猫との生活
お店での出来事!
未分類
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2005年 06月
フォロー中のブログ
チワワとミニピンそしてマ...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism